ビジネスローン

キャッシングローンにも様々な種類が存在していますが、その中のビジネスローンについて説明します。

ビジネスローンとは、短期や小口でのキャッシングローンであり、主な対象を中小企業、自営業者としてます。
ただし、ビジネスローンとは言うものの確かな定義が存在しているわけではありません。

このローンでの短期は一般的に二年以内を指し、小口は300万円と設定されている事が多いです。
しかしあくまで一般的な傾向なので、それぞれの機関により設定値は異なるので、事前の確認が必要です。

また特徴として、担保と保証人の必要がなく、融資額においては最大で1000万円と設定され、
金利については高めに設定されています。

よく計画を立ててからの利用であればとても便利なキャッシングローンです。
キャッシング審査については、大体で1〜3日間で完了し、その他の金融機関と比較すると基準値は低くなっています。

事前に数あるビジネスローンの比較を行い、よく確認してからの利用をしましょう。



| 日記

キャッシング-消費者金融-

キャッシングの種類の一つである消費者金融について説明します。
消費者金融は土日祝日が利用可能と焦らず行動できる利点があります。

その中のリボリビング方式は、現在借りているお金を完済する前であっても、更にお金を借入れする事が可能となっています。
ただし、借りる事ができるお金は利用限度額以内となっていますので注意してください。

魅力としては融資が短時間できる点、自由に返済日を設定できる点、返済が早ければ早いほど金利は最小限で済む点にあると言えます。

また貸し入れと返済は一定期間無利息のサービスと、ATM機などの充実により手軽にする事ができます。
しかし注意しなくてはならないのは、実質年率が他の金融機関に比べ高く設定されている点です。

キャッシングの中ではとても便利で扱いやすいですが、計画性はしっかり持って利用して下さい。



| 日記

店頭でのキャッシング

現在では、インターネットの普及により、インターネットでのキャッシングが可能になったため、人々は店頭に出向く事が少なくなりました。

しかし人それぞれの環境は異なるので、まだ店頭で手続きをする人もいます。
インターネットでのキャッシングの利点は、労力なく手軽にできる事ですが、店頭の場合は疑問点について徹底的に説明を聞けるところです。

キャッシングに対する重要な事や返済方法などを事細かく聞けるので、安心して利用ができます。
手続きについては、申込書へ本籍地や勤務先などを記入し身分証のコピーをし、受付係がデータ照会をします。

その後、簡単な質問と在籍確認などの審査が行われ、審査結果によって利用限度額が決定し、限度額に同意できれば契約となります。
そして契約書へのサインをもって契約終了となり、キャッシュカードが発行されます。

また一般的に現金を店頭に置いているキャッシング会社は少なく、店頭の外に設置されているキャッシュディスペンサーを利用して、キャッシングします。



| 日記

高額・大口キャッシング

キャッシング一般は概してローンよりも金額が低いという印象ですが、高額融資を可能にしているものもあります。

実際、あれやこれやの小口のお金の必要というのでなく、どうしてもまとまった金額を要するということがあるのはやむを得ないでしょう。

特に決まりはないようですが、300万以上ぐらいを大口と呼んでいるケースがふつうのようです。
一般に大口になれば金利はやや低くなる傾向があります。

ローンカードの場合は、大口でも一般キャッシングの場合と同じく審査は迅速です。
大口の場合にもかわらず迅速で確実なキャッシングを約束したカードの類の所有は、ステータスシンボルとはいわないまでも今の社会で安心を支えるなにものかではあるでしょう。

しかし前にも述べたように、学生向けローンにも「大口」とよべるほどのものが出てきています。



| 日記

キャッシングの条件比較

さて、現実にキャッシングを希望する際、すでにその機能のついたカードなどを所有している場合には面倒がありません。

しかしあらたに業者やキャッシング商品を選ばなければならない場合は、慎重にその条件を比較検討しなければならないということになります。
最近のように金融業界に変動がある場合には、自分が所有しているカードよりも好条件のキャッシングを見出だすような可能性もないとはいえません。

比較項目の中で、審査がどのような事項についてどのような形でなされるのか、融資までにどれほどの時日を要するのか等は比較的わかりやすいことに属するかもしれません。
概してどの業者もそれらがスムースにいくように、可能な限り利用者の時間と手間を省いて円滑で快適なキャッシングが行われるよう競っているからです。

わかりやすいようでいてなかなかむずかしいのが、貸付利率と返済方法ではないでしょうか。



| 日記

個人信用力に対応したキャッシング

どのような理由でキャッシング・ローンを求めるにせよ、あらたにキャッシングの審査を受けようというとき、人は否応なく融資における自分の「個人信用力」なるものを直視せざるを得ません。

しかし、あらかじめ融資における自分の信用力、諸属性の高低の問題を正確に理解しておくことは、利用に際してキャッシングの適切な部門をみきわめ、ひいては適切な業者を選ぶことにもつながります。

信用力の問題を考えてみるには、まず2つの特化されたキャッシングの部門の問題から考えてみるのがよさそうです。

その特化された部門の一つは「女性向けローン」で、もう一つは「学生向けローン」です。
そもそも女性一般も学生も、伝統的にキャッシングにおいてきわめて周縁的な存在なのです。



| 日記

再び「キャッシング」と「ローン」について

ローンはごく身近なものとして、ではあらためて「キャッシング」とは?

ローンはおおむね比較的金額の大きい、用途や目的の限られた融資です。
それだけ返済期間も長期分割である場合が多いのです。融資を受ける人の個人的経済的信用度、つまり職業的安定度や年収の状態がきっちりと審査された上で、ローンの受け入れがなされます。

しかし人が融資を受けたいと望むのは、必ずしも特定の大きな買い物がある場合だけではありません。
金額も住宅を購入するほどの額が必要ではない場合も多いのです。

こうした比較的小額の、無担保の融資、より身近で日常的な人々の融資への要望を満たしているのがキャッシングです。
融資と返済の期間も、目的を限定したローンの場合ほど長くないのが普通です。

ただし用途を限定しないある種のキャッシングを返済の方式からしてローンと呼んでいることもあります。



| 日記

専業主婦とフリーターのキャッシング

学生でもキャッシングローンの申込みができますので、主婦やフリーターでもキャッシングローンを申込む事ができます。

専業主婦は、働いていないので旦那さまの収入や勤務先で審査をします。
一般的に在籍確認を勤務先にしますが、専業主婦の方は家族に秘密でキャッシングを申込みに来る人が多いので勤務していると分かる会社の名前が入った収入証明書が必要になります。

フリーターの方は、いろいろバイト先が変わるので現在働いてるバイト先に在籍確認をとりますが、収入もその月その月で変わるので何ヶ月か前の収入が分かる給料明細の提示を求められる場合があります。

主婦の方でもフリーターの方でも生活に響かないように返済計画を一緒に考えてくれるキャッシング会社もありますので、サービスが充実している会社を探したいものです。



| 日記

人気キャッシング会社を比較

キャッシングで「一番利用している人が多い」会社だけを比較してみました。

「オリックスVIPローンカード(50万円コース)」「DCキャッシュワン」「モビット」「ディック(無担保ローン50」「イコール・クレジットNEO」「アットローン」「プリーバ」を比較してみます。

取り上げた7社の中で、最低金利設定が一番低いのが「イコール・クレジットNEO」で6.5%からです。
反対に最低金利が一番高いのが「オリックスVIPローンカード(50万円コース)」の15.6%からです。

「DCキャッシュワン」は12%から、「モビット」と「アットローン」は15%から、「ディック(無担保ローン50)」は12.88%から、「プリーバ」は9.7%からです。

キャッシング限度額は「オリックスVIPローンカード(50万円コース)」「ディック(無担保ローン50)」は50万円までです。
それ以外のキャッシング会社は最高300万円の限度額を設けています。
取り上げた会社以外には500万円というのもありました。

キャッシング申込みから融資されるまでの目安時間を比較しても即日にキャッシングする会社ばかりでした。



| 日記

外国人のキャッシング

外国人の方もキャッシングの申込みができます。

本人確認の書類が用意でき、条件にあっていればキャッシング審査対象になります。

本人確認書類として「永久査証」があればいいのですが「外国人登録証明書」でも可能です。

消費者金融会社によって、外国人という理由だけで審査対象外にされてしまいます。大手にキャッシングの申込みをするのが無難です。
本人確認書類の項目の中で「外国人登録証明書」と記載している消費者金融会社であれば、外国人だからといって断られることは無いです。

重要なのは、「日本語が理解できる」「在日年数」「就業状況」の3つの点です。「日常会話程度の会話」や「契約内容の理解が出来にくい」など直接契約に掛かってきます。
日本語が理解できないと契約は難しくなります。

不法入国などの警戒として、「在日年数」が重要視されます。
日本語が理解できる人であっても在日期間1年以上でないと、審査に通るのは難しいといえます。

就業状況は一般の条件と同じです。「就業年数」が重要で年数が浅いと審査が厳しくなります。

外国人に対しての審査は必要以上に厳しいです。



| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。