外国人のキャッシング

外国人の方もキャッシングの申込みができます。

本人確認の書類が用意でき、条件にあっていればキャッシング審査対象になります。

本人確認書類として「永久査証」があればいいのですが「外国人登録証明書」でも可能です。

消費者金融会社によって、外国人という理由だけで審査対象外にされてしまいます。大手にキャッシングの申込みをするのが無難です。
本人確認書類の項目の中で「外国人登録証明書」と記載している消費者金融会社であれば、外国人だからといって断られることは無いです。

重要なのは、「日本語が理解できる」「在日年数」「就業状況」の3つの点です。「日常会話程度の会話」や「契約内容の理解が出来にくい」など直接契約に掛かってきます。
日本語が理解できないと契約は難しくなります。

不法入国などの警戒として、「在日年数」が重要視されます。
日本語が理解できる人であっても在日期間1年以上でないと、審査に通るのは難しいといえます。

就業状況は一般の条件と同じです。「就業年数」が重要で年数が浅いと審査が厳しくなります。

外国人に対しての審査は必要以上に厳しいです。



| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。