ビジネスローン

キャッシングローンにも様々な種類が存在していますが、その中のビジネスローンについて説明します。

ビジネスローンとは、短期や小口でのキャッシングローンであり、主な対象を中小企業、自営業者としてます。
ただし、ビジネスローンとは言うものの確かな定義が存在しているわけではありません。

このローンでの短期は一般的に二年以内を指し、小口は300万円と設定されている事が多いです。
しかしあくまで一般的な傾向なので、それぞれの機関により設定値は異なるので、事前の確認が必要です。

また特徴として、担保と保証人の必要がなく、融資額においては最大で1000万円と設定され、
金利については高めに設定されています。

よく計画を立ててからの利用であればとても便利なキャッシングローンです。
キャッシング審査については、大体で1〜3日間で完了し、その他の金融機関と比較すると基準値は低くなっています。

事前に数あるビジネスローンの比較を行い、よく確認してからの利用をしましょう。



| 日記

キャッシング-消費者金融-

キャッシングの種類の一つである消費者金融について説明します。
消費者金融は土日祝日が利用可能と焦らず行動できる利点があります。

その中のリボリビング方式は、現在借りているお金を完済する前であっても、更にお金を借入れする事が可能となっています。
ただし、借りる事ができるお金は利用限度額以内となっていますので注意してください。

魅力としては融資が短時間できる点、自由に返済日を設定できる点、返済が早ければ早いほど金利は最小限で済む点にあると言えます。

また貸し入れと返済は一定期間無利息のサービスと、ATM機などの充実により手軽にする事ができます。
しかし注意しなくてはならないのは、実質年率が他の金融機関に比べ高く設定されている点です。

キャッシングの中ではとても便利で扱いやすいですが、計画性はしっかり持って利用して下さい。



| 日記

店頭でのキャッシング

現在では、インターネットの普及により、インターネットでのキャッシングが可能になったため、人々は店頭に出向く事が少なくなりました。

しかし人それぞれの環境は異なるので、まだ店頭で手続きをする人もいます。
インターネットでのキャッシングの利点は、労力なく手軽にできる事ですが、店頭の場合は疑問点について徹底的に説明を聞けるところです。

キャッシングに対する重要な事や返済方法などを事細かく聞けるので、安心して利用ができます。
手続きについては、申込書へ本籍地や勤務先などを記入し身分証のコピーをし、受付係がデータ照会をします。

その後、簡単な質問と在籍確認などの審査が行われ、審査結果によって利用限度額が決定し、限度額に同意できれば契約となります。
そして契約書へのサインをもって契約終了となり、キャッシュカードが発行されます。

また一般的に現金を店頭に置いているキャッシング会社は少なく、店頭の外に設置されているキャッシュディスペンサーを利用して、キャッシングします。



| 日記

高額・大口キャッシング

キャッシング一般は概してローンよりも金額が低いという印象ですが、高額融資を可能にしているものもあります。

実際、あれやこれやの小口のお金の必要というのでなく、どうしてもまとまった金額を要するということがあるのはやむを得ないでしょう。

特に決まりはないようですが、300万以上ぐらいを大口と呼んでいるケースがふつうのようです。
一般に大口になれば金利はやや低くなる傾向があります。

ローンカードの場合は、大口でも一般キャッシングの場合と同じく審査は迅速です。
大口の場合にもかわらず迅速で確実なキャッシングを約束したカードの類の所有は、ステータスシンボルとはいわないまでも今の社会で安心を支えるなにものかではあるでしょう。

しかし前にも述べたように、学生向けローンにも「大口」とよべるほどのものが出てきています。



| 日記

キャッシングの条件比較

さて、現実にキャッシングを希望する際、すでにその機能のついたカードなどを所有している場合には面倒がありません。

しかしあらたに業者やキャッシング商品を選ばなければならない場合は、慎重にその条件を比較検討しなければならないということになります。
最近のように金融業界に変動がある場合には、自分が所有しているカードよりも好条件のキャッシングを見出だすような可能性もないとはいえません。

比較項目の中で、審査がどのような事項についてどのような形でなされるのか、融資までにどれほどの時日を要するのか等は比較的わかりやすいことに属するかもしれません。
概してどの業者もそれらがスムースにいくように、可能な限り利用者の時間と手間を省いて円滑で快適なキャッシングが行われるよう競っているからです。

わかりやすいようでいてなかなかむずかしいのが、貸付利率と返済方法ではないでしょうか。



| 日記

個人信用力に対応したキャッシング

どのような理由でキャッシング・ローンを求めるにせよ、あらたにキャッシングの審査を受けようというとき、人は否応なく融資における自分の「個人信用力」なるものを直視せざるを得ません。

しかし、あらかじめ融資における自分の信用力、諸属性の高低の問題を正確に理解しておくことは、利用に際してキャッシングの適切な部門をみきわめ、ひいては適切な業者を選ぶことにもつながります。

信用力の問題を考えてみるには、まず2つの特化されたキャッシングの部門の問題から考えてみるのがよさそうです。

その特化された部門の一つは「女性向けローン」で、もう一つは「学生向けローン」です。
そもそも女性一般も学生も、伝統的にキャッシングにおいてきわめて周縁的な存在なのです。



| 日記

再び「キャッシング」と「ローン」について

ローンはごく身近なものとして、ではあらためて「キャッシング」とは?

ローンはおおむね比較的金額の大きい、用途や目的の限られた融資です。
それだけ返済期間も長期分割である場合が多いのです。融資を受ける人の個人的経済的信用度、つまり職業的安定度や年収の状態がきっちりと審査された上で、ローンの受け入れがなされます。

しかし人が融資を受けたいと望むのは、必ずしも特定の大きな買い物がある場合だけではありません。
金額も住宅を購入するほどの額が必要ではない場合も多いのです。

こうした比較的小額の、無担保の融資、より身近で日常的な人々の融資への要望を満たしているのがキャッシングです。
融資と返済の期間も、目的を限定したローンの場合ほど長くないのが普通です。

ただし用途を限定しないある種のキャッシングを返済の方式からしてローンと呼んでいることもあります。



| 日記

専業主婦とフリーターのキャッシング

学生でもキャッシングローンの申込みができますので、主婦やフリーターでもキャッシングローンを申込む事ができます。

専業主婦は、働いていないので旦那さまの収入や勤務先で審査をします。
一般的に在籍確認を勤務先にしますが、専業主婦の方は家族に秘密でキャッシングを申込みに来る人が多いので勤務していると分かる会社の名前が入った収入証明書が必要になります。

フリーターの方は、いろいろバイト先が変わるので現在働いてるバイト先に在籍確認をとりますが、収入もその月その月で変わるので何ヶ月か前の収入が分かる給料明細の提示を求められる場合があります。

主婦の方でもフリーターの方でも生活に響かないように返済計画を一緒に考えてくれるキャッシング会社もありますので、サービスが充実している会社を探したいものです。



| 日記

人気キャッシング会社を比較

キャッシングで「一番利用している人が多い」会社だけを比較してみました。

「オリックスVIPローンカード(50万円コース)」「DCキャッシュワン」「モビット」「ディック(無担保ローン50」「イコール・クレジットNEO」「アットローン」「プリーバ」を比較してみます。

取り上げた7社の中で、最低金利設定が一番低いのが「イコール・クレジットNEO」で6.5%からです。
反対に最低金利が一番高いのが「オリックスVIPローンカード(50万円コース)」の15.6%からです。

「DCキャッシュワン」は12%から、「モビット」と「アットローン」は15%から、「ディック(無担保ローン50)」は12.88%から、「プリーバ」は9.7%からです。

キャッシング限度額は「オリックスVIPローンカード(50万円コース)」「ディック(無担保ローン50)」は50万円までです。
それ以外のキャッシング会社は最高300万円の限度額を設けています。
取り上げた会社以外には500万円というのもありました。

キャッシング申込みから融資されるまでの目安時間を比較しても即日にキャッシングする会社ばかりでした。



| 日記

外国人のキャッシング

外国人の方もキャッシングの申込みができます。

本人確認の書類が用意でき、条件にあっていればキャッシング審査対象になります。

本人確認書類として「永久査証」があればいいのですが「外国人登録証明書」でも可能です。

消費者金融会社によって、外国人という理由だけで審査対象外にされてしまいます。大手にキャッシングの申込みをするのが無難です。
本人確認書類の項目の中で「外国人登録証明書」と記載している消費者金融会社であれば、外国人だからといって断られることは無いです。

重要なのは、「日本語が理解できる」「在日年数」「就業状況」の3つの点です。「日常会話程度の会話」や「契約内容の理解が出来にくい」など直接契約に掛かってきます。
日本語が理解できないと契約は難しくなります。

不法入国などの警戒として、「在日年数」が重要視されます。
日本語が理解できる人であっても在日期間1年以上でないと、審査に通るのは難しいといえます。

就業状況は一般の条件と同じです。「就業年数」が重要で年数が浅いと審査が厳しくなります。

外国人に対しての審査は必要以上に厳しいです。



| 日記

キャッシング審査の在籍確認

キャッシング審査では、勤務先への「在籍確認」をします。

在籍確認は、キャッシングを申込んだ際「お勤め先に確認の電話をさせていただきます」と必ず言われます。
在籍確認の仕方は、キャッシング会社の受付担当者が個人名で勤務先に電話をかけてキャッシング申込みした本人が勤務しているか確認をします。
「そちらに勤務していますか?」と直接的に聞くわけではありません。
勤務先に連絡されてもキャッシングを申込んだ事が知られる事はまずないでしょう。

この在籍確認でキャッシング申込者の勤務先で電話に出た担当者が「働いているのか働いていないのか」分からないような応答をしてくれないと審査がてこずることも稀にあります。
「勤務をしているのか?」という単純な在籍確認審査なので真実を申告していれば問題はありません。

在籍確認も在宅確認も正直に申請していれば何も問題はありません。虚偽申請をしてしまうとあとで面倒なことになりかねません。
申込む際には決して虚偽の申請をしないようにすることです。



| 日記

即日キャッシング方法

キャッシングを利用する時に、直ぐに融資が希望と言う場合には、即日融資が可能のローン会社を利用しましょう。

即日融資が可能なローン会社は、審査にかかる時間は30程度と短いことが多いです。
またインターネットや電話などで直ぐに審査結果が分かる方法もあります。

実際に融資を受ける時は、直接店舗で融資を受ける場合、銀行口座に振り込んでもらう方法、カードを利用して提携ATMから引き出す方法などがあります。
カードは無人契約機などで直ぐに発行され、審査が通ると即日に利用できます。
月々の利用料や年会費なども無料で、祝日や時間外手数料が無いのが特徴です。

また一度カードを作っておくと次回からは審査が不要な為、融資可能額内であればいつでも引き出すことが可能です。
急な出費の時に慌てない為にも、1枚作っておくと便利です。



| 日記

キャッシングの比較方法

キャッシングを比較する時に重要とする項目には、「金利」「即日融資」「主婦でも利用できる」など様々だと思います。
一番重要なのが、その人の希望に合ったローン会社を選ぶという事です。

ローンを利用したい時に少しでも金利が低い所を選びたいと考えているのなら、一覧で見られるインターネットの比較サイトを利用すると便利です。
知っているローン会社を1件1件ホームページを見たり、パンフレットを手に入れたり、電話で問い合わせるのはとても苦労します。
しかし一度で多数の比較が出来る比較サイトを利用すれば、時間の節約にもなります。

また大手のローン会社ではホームページ上でシミュレーションが出来るところもあります。
借入額と金利、返済回数、月々の支払額などを入力するだけで、金利によってどの位、総金利支払額が違うのか知ることが出来ます。

例えば20万円借りて、金利が20%、支払い回数が20回とします。

そうすると総金利支払額は36,820円となります。
これを19%の金利にすると34,900円となり、1,920円も安くなりました。

このように金利を重要視する場合は、よく比較してローンを利用すると良いでしょう。



| 日記

低金利のキャッシング

キャッシングを利用する時には、金利の安いローン会社を選びたいものです。
銀行系やインターネット専用のローン会社なら、比較的金利が低い傾向にあります。

インターネットのみの利用が可能なローンは、店舗の管理費や人件費が安くすむためにその分金利に反映出来るという仕組みになっています。
申し込みした後には、提携ATMで融資可能額までなら自由に引き出すことが出来るカードが発行される事が多いです。
銀行のATMを始め、コンビニで利用できるセブン銀行などで利用できます。

インターネット専用のローンでは、実質年率6.9%という低金利の所もあります。
10万円を30日間利用した場合では、6.9%では567円の金利がかります。
一般的な消費者金融計のローン会社では25%程度かかることもあり、金利は2054円となります。

小額での融資ではそれ程変わりないように思えますが、長期の融資や高額の融資になってくるとこの金利の違いは大きく出てきます。

低金利というのも大変魅力ですが、インターネットで申し込みが出来るという手軽さも人気の秘密になっています。



| 日記

主婦のキャッシング審査基準

主婦の人がキャッシングを利用する時は、通常の審査基準とは異なることがあります。

主婦の人でパートなどで収入がある場合は、その給料の額や、勤続年数などを審査基準にします。
しかし短時間の仕事でそれ程多くない収入の場合は、断られることも有ります。

そのような場合は、ご主人に一定の収入があれば審査に認められる場合があるので試してみてください。
パートなどの収入が少ない人、勤続年数が少ない人は初めからご主人の勤め先で申告しておけば間違いありません。

逆にまったく収入が無い専業主婦の人の場合は、初めからご主人の勤め先などを申告する必要があります。
会社名やご主人の前年度の年収などが聞かれます。

ローン会社によってはパートやアルバイトでも融資が可能という所もありますから、よく選んで利用しましょう。



| 日記

入会対象者限定 キャッシングカードローン

キャッシング・ローンの中で、低金利であるけれども少し特殊なカードローンがあります。
東芝ファイナンス株式会社のカードローン、ティーパスカード ラグザです。

実質年率がなんと6.36%〜9.60%と低金利です。利用限度額は300万円(30万円〜300万円)、入会金・年会費無料です。
何よりもこの低金利に驚きます。
このカードローンを利用したくても、誰もが申し込めるわけではないのです。

入会対象者ですが、●上場企業にお勤めの方 ●東芝ファイナンスがラグザの取り扱い提案をした企業にお勤めの方 ●国家資格をお持ちの方(全ての国家資格でなく、対象があります)

キャッシングも全国の提携金融機関や、郵便局、コンビニやJR東日本駅構内等で利用できて大変便利です。

入会対象に当てはまる方なら、キャッシングを利用するときにこの商品を検討されてはいかがですか。



| 日記

キャッシング審査の時間を比較

キャッシングの審査の時間はどれくらいかかるのでしょうか。
数多くのキャッシング会社がある中、色々と比較してみますと、早いところで数秒。一般的には1時間以内。遅くても当日中には審査は終わるようです。

今現在は、コンピューターに入力すると自動的に審査結果が出るようなプログラムがあるので、数年前に比べると審査時間は格段に早くなっているようです。

ちなみに、審査の判断基準は各会社によって違うことが多いので、ここでは審査に通ったのに、もう1つの会社では審査に落ちたということもあるのです。

審査の時間が早いところは、比較的金利が高いところが多いようです。
逆に審査に時間がかかる会社のほうが、金利が低く設定されているようです。

キャッシング会社を選ぶ基準の1つとして、審査の時間も比較してみると色々であることがわかります。



| 日記

比較が大事 低金利キャシング会社

キャッシングを利用する際、何を1番重要としますか?やはり金利の低いキャッシング会社を比較して選ぶのではないでしょうか。
返済に困って延滞したり、その場しのぎで他社から借りて返済し、多重債務者になってしまうこともあるので、低金利であることは重要です。

今、低金利のキャッシング会社が増えてきています。
例にしてみますと、イコール・クレジットNEOは実質年率6.5〜17.5%で業界最低水準の金利となっています。
これも、インターネット専門のキャッシングであることと、SBIホールディングスのグループ企業だからです。

このほかにもオリックスクレジット・楽天マイワン・DCキャッシュワンなども低金利のキャッシング会社です。

金利だけでなく、それぞれのクレジット会社の特徴(ATMの数、営業時間、審査の早さ等)によって、自分にぴったりのキャッシング会社を総合的に決めるのが良いでしょう。



| 日記

キャッシング比較銀行系列 (アットローン・自分計画・キャッシュワン)

信頼性の高い銀行系列のキャッシングで、知名度もあり安心な3社を比較します。

アットローンは、三井住友銀行系のキャッシングカードで、収入の証明があれば、初回から200万円までのご融資が受けられます。
実質金利は15.0〜18.0%です。最短30分で審査も終了、ご利用できます。

りそな銀行はプライベートローン「自分計画」と「自分計画ワイド」は、どちらも10万円から200万円までのご利用が可能です。
「自分計画」は固定金利9.8%、「自分計画ワイド」は14.5%です。

キャッシュワンは、三菱東京UFJ銀行系列で、1万円〜300万円までご利用できます。
ただし、50万円を超えるご融資は収入の証明書が必要です。
実質金利は12.0〜18.0%です。審査時間は最短で3秒、その日のうちにご利用金額を振込んでくれます。



| 日記

来年度予算の「別枠」500億円超、公共事業減でやりくり

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080719-00000002-yom-bus_all

来年度予算の「別枠」500億円超、公共事業減でやりくり
7月19日10時13分配信 読売新聞


 政府は2009年度予算の大枠を定める概算要求基準(シーリング)で500億円以上の「重点化促進加算枠」を設ける方針を固めた。07〜08年度に設けた500億円の加算枠を拡大する。

 06年の閣議決定をもとに09年度予算では公共事業費を3%削減することが固まっている。削減の幅をさらに大きくすることなどで、加算枠を捻出(ねんしゅつ)する。

 各省庁が予算を要望した中で、重要性が高いと判断した施策に対して予算を上乗せする。地球温暖化対策のための環境関連や景気の減速感が強まっている地方経済を下支えするための地域活性化策などに充てることで、予算にメリハリを付ける狙いがある。

最終更新:7月19日10時13分




| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。