キャッシング審査のシミュレーション

キャッシングのホームページでは、返済についてのシミュレーションを用意している会社は多数ありますが、「モビット」では審査のシミュレーションも体験できます。

融資が受けられるかどうか即時に答えを出してくれる無記名のシミュレーションです。
電話番号の記入も必要なく、電話の有無だけ答えれば良いので、シミュレーションだけでは個人を特定できませんから、安心して試すことができます。

最後に借入希望金額を入れて最終ページへ進むと、希望の金額が借りられるかどうかを一瞬で審査してくれます。

入力した項目は、そのまま申込みにも使えますので、実際に借入れしたい場合も二度手間になりません。
もちろん、本当に申込む時にはより詳細な情報の通知と、慎重な審査になるのは当然のことです。



| 日記

キャッシング比較サイトで得する

キャッシングを考えておられるなら、ぜひインターネットより比較サイトを探してみてください。

各種クレッジトからキャッシングまで様々な情報が閲覧できます。
場合によってはポイント制になってたり、クレジットカード入会申し込みで3千円キャッシュバックなどの特典がついていたりします。

また、キャッシング比較サイトからローン各社にリンクが張られていますので、非常に便利です。
最近では消費者金融のカードでも、VISAやJCBなどのクレジットカード併用タイプもあり、キャッシングだけでなく、ショッピングの時なども重宝する場合もあります。

現代はキャッシュレスの時代となってきつつあります。
高速道路ではETC、コンビニでもおサイフ携帯などなど。

現金を持ち歩く時代ではなくなりつつあります。



| 日記

キャッシング比較法定金利

キャッシングされる場合の最重要比較要素は、実質年率(金利)が何パーセントなのか?ということ。

法定金利では融資額によって実質年率の上限が定められています。
例えば100万円以下なら18パーセント。
100万円を超えると15パーセントといった具合にです。
しかし一定の条件を満たしていれば出資法が適用されて上限29.2パーセントになります。

近年、このグレーゾーン撤廃が決定し、金利の面では利用者に嬉しい事ですが違った面もあります。
言わずもがな、キャッシング会社は金利が利益そのものです。
金利を下げると同時に審査基準を上げる必要性が出てきて、実際にキャッシング会社の貸し渋りも出てきています。

金利を含めて返済、それがキャッシングの大前提となる事を忘れてはいけませんね。



| 日記

キャッシングローンを組む

キャッシングとローンとは少し違います。

大きな意味ではローンでお金を借りることもキャッシングと呼ぶようですが、ローンとは分割払い(月賦)の意味で、キャッシング イコール ローンではないのです。

一昔前には分割払いを「ローン」と表現することで、お金を借りる意識が少し薄れてくるように思えたのですが、最近では「ローン(ショッピングローン)」という言葉が定着してきたので、特にお金を借りる場合には分割払いと呼ぶ人は少なくなってきました。

ショッピングなどでは分割払いと表現する場合もありますが、キャッシングでお金を借りて分割返済とは言わなくなってきています。
逆に住宅などを購入した場合、「ローンを組む」などの表現はしますが「分割で住宅を買ったよ」などとは言いません。



| 日記

キャッシングネットで審査

最近はインターネットを使ってキャッシングの審査が受けられるようです。

Eメールで大手金融会社やカード会社、信販会社などより「たった10秒で融資可能か審査します」などのメールが最近よく来ます。

これらEメール、インターネットを利用した審査でも店頭での申し込みと同様に、年収、住居状態、家族構成、勤務先、勤続年数、健康保険の種類、他社借り入れ額などを基準に審査するようです。

基本的に融資可能か否かの判断だけのようですが、実際の契約には店頭におもむくパターンもありますので、あくまでもネット上で融資が受けられるキャッシング会社ばかりというわけではありません。

このように自分で密かに審査を受けられることが気楽さを醸しだしているようです。





| 日記

キャッシング審査と2件

キャッシングの審査で一番重要なのが他社借り入れ額とその件数です。
いくら一流企業に勤めていようとも、いくら年収があろうとも、他社からの借り入れ額、件数がその規定をオーバーしているようなら審査は通りません。

普通のサラリーマンなら借り入れ件数2件、金額200万円を超えるとまず返済が出来なくなくなると言われています。
したがって、これを上回る借り入れは絶対避けましょう。

特に遅延もなく元金を返済していれば、審査が通って融資を受けられるでしょうが、いつまでたっても元金しか返済できないようになってしまいます。
消費者金融会社というものは、借入者が金利分を何回返済すれば十分元は取れるのかと計算します。

言い換えれば元金が返済されなくとも、利益は上げられます。





| 日記

住宅ローンマスター

住宅ローンはキャッシング(ローン)の中で、最も高額な融資になります。
それだけに通常のキャッシングのように、手軽に借りるというわけにはいきません。

住宅ローンには、以下のように様々な種類があります。


○公的ローン
・財形住宅融資:財形貯蓄を1年以上続け、預金が50万円以上ある人が利用できる。
・自治体ローン:各自治体が扱っているローンで、融資条件は自治体ごとに異なる。

○民間ローン
・銀行ローン:公的ローンよりも融資の条件が少なく、利用しやすい。
・生保ローン:銀行ローンと比べると窓口が少ない。提携ローンが多い。
・ノンバンクローン:クレジット会社や信販会社の住宅ローン。金利はやや高い。
・フラット35:低金利で長期固定を実現したローンで、多くの金融機関が扱っている。


住宅ローンは数十年という期間に渡って借り入れることになるので、単に金利や返済方法だけでなく、将来の自身の人生設計(定年や子供の養育費)も視野に入れながら資金計画を立てる必要があります。





| 日記

無利息でキャッシングができちゃう

キャッシングを利用したいが、利息は払いたくない……

というのは誰もが考えることです。

しかしキャッシング会社の中には、短期間なら金利ゼロで融資を行ってくれる無利息キャッシングのサービスを行っているところもあります。
大抵は初回の利用のみ無利息となっていますが、中には二回目以降も無利息で融資を受けられる会社も存在します。

無利息の期間は10日間や15日間、30日間など様々です。
以下に無利息キャッシングを行っている会社を紹介しますので、比較してみてください。


・ディック
無利息期間:30日(初回のみ)
利率:12.88%〜
融資限度額:300万円

・クレディア
無利息期間:15日(初回のみ)
利率:18.000%〜
融資限度額:100万円

・ノーローン
無利息期間:1週間(1週間以内に返済すれば次回も1週間無利息)
利率:15.0%〜18.0%
融資限度額:200万円






| 日記

ITとキャッシングローンカード

IT企業が運営するIT系キャッシングは、インターネットで簡単に申込みができます。

HP上にある申込フォームに必要事項を記入するだけで、申込みができます。

審査結果は電話やメールで通知され、後日書類が郵送されてくるので必要事項を記入して返送すれば契約が締結されるという流れになります。

基本的にIT系キャッシングは店舗を持っていないため、申込み〜契約までインターネットを使って行うことになります。店舗に足を運ぶ必要も業者と顔を合わせることもないので、誰にも知られずにキャッシングできるという利点があります。

また銀行系と比較しても、金利の低さや融資限度額に遜色ありません。

IT系キャッシングには楽天クレジットやイコールクレジット、ライブドアクレジットなどがありますので、各商品を比較して自分の希望に合ったものを選ぶようにしてください。





| 日記

不動産担保ローン

通常、キャッシングは小額の融資なので、担保や保証人なしで利用することができます。
しかし担保を設定することで、高額の資金を借り入れることができます。

土地や建物の不動産を担保にしたローンが、不動産担保ローンと呼ばれるものです。

不動産担保ローンには、資金の使い道自由のフリーローンと、使い道が限定された目的ローンに大きく分類することができます。

通常のキャッシングと比較すると、数十万円〜数十億円とかなり高額な融資を受けることができます。
また利率も3〜5%台となっており、低金利で借り入れることが可能です。

また返済期間も数十年と長く設定されているのが、不動産担保ローンの特徴です。

不動産さえ所有していれば、原則として保証人なしで不動産担保ローンは利用できます。
ただし不動産の査定を行う必要があるので、審査にはやや時間がかかります。





事業者ローン

キャッシング商品の中には、事業者ローンというものもあります。

これは中小企業や自営業者を対象としたローンで、ビジネスローンとも呼ばれています。

取り扱っている金融機関としては銀行やノンバンク、消費者金融のほか、商工ローンなどがあり、その多くはスピード審査を売りにしています。
これは緊急的に資金が必要となることが多い事業者のニーズに対応したサービスと言えるでしょう。

また緊急時以外にも、不測の事態に備えた予備資金的な役割を持つ事業者ローンもあります。
これはキャッシングカードに似たローンで、いざという時には審査や手続きなしで融資を受けることができます。

融資限度額は一般のキャッシングと比較するとやや高額で、数十万円〜数百万円程度となっています。

また担保や保証人なしで融資を行ってくれるところがほとんどです。





自動車ローン

キャッシングの目的ローンの一つに、自動車ローンというものがあります。

自動車ローンとは自動車の購入や車検、修理、自動車学校の費用のためのローンです。

かつての自動車ローンは、自動車の購入時に利用されることがほとんどでしたが、近年では自動車ローンの幅も広がりを見せ、教習所の費用や車検、修理など、車に関わることなら全般的に利用できるようになっています。

取扱金融機関としては、銀行や信販、クレジット会社、消費者金融などがあります。

金利は使い道自由のフリーキャッシングと比べると低めに設定されており、原則として担保や保証人は不要となっています。融資額は10万円〜300万円程度が一般的です。

必要書類としては、本人確認書類のほか、見積書や注文書を用意する必要があります。





住宅ローン

キャッシング会社の中にも、住宅ローン商品を扱っているところがあります。

住宅ローンには様々な種類があり、大きく「公的ローン」「民間ローン」に分けることができます。公的ローンには財形住宅融資や自治体ローンがあり、民間ローンは銀行、生保、ノンバンク(信販会社やクレジット会社)などが取扱いを行っています。

この他にも民間と住宅金融支援機構が提携したフラット35というローンもあります。
こちらは低金利の長期固定型ローンであるため、人気の高い商品となっています。

住宅ローンは非常に大きな額を長期間借り入れるため、一般には金利が安い方が有利です。

住宅ローンの金利には変動金利と固定金利があり、通常は変動金利の方が金利は低くなっています。
しかし金利が上昇気配にある場合には、固定金利を選んだ方が安全です。

また住宅ローンは金利だけでなく、返済期間や返済方法も考慮して選ぶ必要があります。





トラベルローン

キャッシング会社が取り扱う目的ローンの一つに、トラベルローンというものがあります。

トラベルローンは旅行の費用を借り入れるためのものです。このような目的ローンは通常、使い道自由のフリーキャッシングよりも低金利なので、旅行費用としてキャッシングしたい場合はトラベルローンを利用した方が有利です。

また旅費だけでなく、旅のお小遣いやその他様々な経費としても利用することが可能です。

ただしこれはあなたの旅行に対する融資なので、全く別の目的で使用してはいけません。

借入金額は、比較的小額の場合は原則として担保や保証人は不要です。
必要書類としては運転免許証などの本人確認書類のほか、旅行見積書や予約確認書の提出が求められます。

ただし融資が数百万円と非常に高額になる場合は、担保や保証人が必要になることもあります。
また収入証明書類などの書類を別途用意する必要もあります。





目的ローンってなに?

キャッシング(ローン)は、「目的ローン」と「フリーキャッシング」に分類できます。

目的ローンとは、住宅ローンや自動車ローンのように使い道が限定されたローンのことで、公的機関の他に銀行や信販会社、消費者金融などの民間機関が取り扱っています。

一般的には使い道が自由のフリーキャッシングと比較すると、目的ローンの金利は低く設定されています。そのため融資金の使い道がはっきりしている場合は、フリーキャッシングよりも低金利の目的ローンの方が返済負担を軽減できるというメリットがあります。

目的ローンの融資条件は各社・各商品ごとに異なりますが、一般的には「安定した収入のある20歳以上の方」が対象で、融資限度額は200万〜300万円程度となっています。
ただし住宅ローンの場合は数千万円と非常に高額な融資となっています。

必要書類としては本人確認書類のほか、利用見積書が必要になります。また各商品ごとに収入証明書などの書類が必要になることもあるので、確認する必要があります。





キャッシング限度額

キャッシングでは幾らまで借りられるのか、というのは気になるところです。

キャッシングの限度額は各社ごとに異なりますが、大体300万円程度となっています。
しかし中には500万円の高額融資を行っている会社もあります(オリックスVIPローン)。

ただその額まで融資を受けることは、かなり難しいです。

収入面などの様々な条件をクリアしなければなりません。通常、50万円以上の融資を受けたい場合には、収入を証明する書類の提出が求められます。

ただし50万円以下の一般的なキャッシングの場合は、本人確認書類さえあれば、担保なし・保証人不要で利用することができます。そしてこの手軽さが、キャッシングの最大の魅力と言えるでしょう。

またキャッシングの限度額と、実際にあなたが利用できる額は異なります。高額の融資を受けたい場合には、実際に幾らまで融資してもらえるかを各社で比較する必要があります。





無利息キャッシング

キャッシングの中には、一定期間内なら無利息で融資を行ってくれる無利息キャッシングというものがあります。その期間内においては、金利が全くかからないサービスです。

無利息の期間は10日や15日などキャッシング会社によって異なりますが、中には30日間無利息というサービスを行っている会社もあります。その期間内は利息が全くかからないので、短期間で返済できる場合には経済的な負担を軽減できるメリットがあります。

ただし注意すべき点があります。

ほとんどの無利息キャッシングは、初回のみ無利息になっているということです。つまり2回目以降の利用では、通常の利息を払う必要があるので気をつけてください。

しかし中には何度でも無利息で借入れができるキャッシング会社もあります。

ノーローンの1週間無利息サービスです。
1週間以内に返済できれば、次回も無利息で利用できるので大変お得です。





学生ローン

学生をターゲットとした商品に、学生キャッシング(ローン)があります。

一般的なキャッシングの申込み条件は「安定した収入のある20歳以上の方」となっているため、収入の少ない学生の方では希望通りの融資をしてもらえないケースがあります。

そんな学生層を顧客の中心に据えたのが、学生ローンです。通常のキャッシングと比較すると、学割があるなど学生にとってはお得なサービスもあります。

一般的な申込み条件は「20歳以上の大学生や短大生、専門学校生、予備校生」で、担保や保証人なしで融資を受けることができます。必要書類は学生証のコピーさえあればよく、一度申し込めば社会人になっても継続して利用できるというメリットもあります。

また学生ローンを利用したからといって、学校の成績や就職活動に不利になることはありません。
さらに両親に連絡が行くこともないので、安心して利用することができます。





レディースキャッシング

レディースキャッシングとは、女性をターゲットにしたキャッシング・サービスです。

近年では働く女性も増えており、女性が安心して利用できることを目的に誕生したのが、この女性専用キャッシング(レディースキャッシング)なのです。

その最大の特徴は、スタッフが全て女性ということです。女性スタッフが対応してくれるので、女性の方が安心して利用できるというわけです。
また女性の立場を考え、親切に丁寧に対応してくれるので、初めての方でも安心して利用することができます。

一般的な利用条件は、「安定した収入のある20歳以上の女性」となっています。

OLやアルバイト、パートだけでなく、自身に収入のない学生や専業主婦(両親や夫に収入がある)の方も利用することができます。またキャッシング利用時に、家族やご主人に知られないよう配慮してくれるのも、レディースキャッシングの特徴です。

レディースキャッシングには、ユニマットレディースやレイクレディース、オリーブなどがありますので、融資条件などを比較して自分に合った商品を選びましょう。





低金利キャッシング

キャッシングを選ぶ際、金利が低い方が返済負担を軽減できてお得です。

キャッシング会社には銀行系や信販系、消費者金融系などに分類できますが、それぞれを比較すると、基本的には銀行系が最も低金利になっています。

しかし中には銀行系以上に低金利を実現しているキャッシング会社もあります。

信販系では金利の低い商品も多く、さらにサービスや特典が非常に充実しています。

また近年では店舗を持たないIT系のキャッシング会社も出現しています。これらは人件費を含めた経費があまりかからないため、金利を低く設定できるという強みがあります。

現在では非常に多くのキャッシング会社、金融商品がありますので、申し込みをする前に十分な情報収集を行い、各キャッシング商品を比較・検討することが大切です。





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。