IT系キャッシング

近年ではIT企業が提供するIT系キャッシングも登場しています。

IT系キャッシングはインターネット上で事業活動を行っており、自宅にいながらインターネットを使ってキャッシングの申込みができるので非常に便利です。

また店舗を持たず人件費もかからないため、銀行系キャッシングに匹敵するほどの低金利で融資を行っており、利用限度額も高めに設定されているところが多いです。

IT系キャッシングの一例を紹介しますので、比較の参考にしてください。


・楽天クレジット マイワン
利率……6.9%〜 利用限度額……500万円

・イコールクレジット
利率……6.5%〜17.5% 利用限度額……300万円

・GMOネットカード
利率……7.3%〜 利用限度額……300万円

・ライブドアクレジット
利率……15.0%〜18.0 利用限度額……500万円

注)上記の融資条件は全て2007年7月時点のものです。





信販系キャッシング

信販会社やクレジット会社が提供する信販系キャッシング。

信販系キャッシングの大きな特徴は、クレジットカードのサービスが付いてくるという点です。
通常のキャッシングサービスが利用できる他、ショッピングをする場合にはクレジットカードとしても活用できるので非常に便利です。

金利は銀行系と比較するとやや高めに設定されている傾向がありますが、これは一概には言えません。
例えばオリックスVIPローンカードでは実質年率6.9%〜(2007年7月現在)と銀行系に負けないほどの低金利を実現しています。

また借入限度額も100〜300万円程度で、これも銀行系に匹敵します。

そしてサービスや特典が非常に充実している点も見逃せません。クレジットカードは今の私達の生活には欠かせないものなので、1枚持っていると非常に便利です。





銀行系キャッシング

銀行系キャッシングは社会的信頼性が高く、安心して利用することができます。

特に初めてキャッシングを利用する方は不安を感じるものです。
しかし銀行系なら知名度もあり、社会的な信頼性もあるので、申込みしやすいという傾向があるようです。

また消費者金融系と比較すると、金利が低く設定されているという利点があります。

例えば三菱東京UFJ銀行系のモビットでは、金利は15.0%〜18.0%(2007年7月現在)となっています。
他の銀行系も20%以下に抑えられていることが多いです。

また融資限度額も100万〜300万円を上限に設定しているキャッシング会社が多いです。

消費者金融系と比較すると、基本的には金利は低く融資限度額は多いので、長期間に渡って借り入れたい場合には銀行系キャッシング会社が有利になります。





消費者金融系キャッシング

消費者金融系キャッシング会社の特徴は、利便性に優れているということです。

銀行系や信販系と比較すると柔軟に対応してくれることが多く、審査時間も短いという傾向があります。最近ではホームページ上に自動審査システムを導入している会社もあり、数秒で融資の可否や融資額の目安を教えてくれるので大変便利です。

またほとんどの消費者金融系キャッシング会社においては、即日融資を行っています。

そのため必要な時に手軽に利用できるという利点があります。

一方で銀行系や信販系と比較すると、金利は高い傾向があります。金利は18%〜29.2%あたりに設定されていることが多いですが、グレーゾーン撤廃の方向からか例えばアコムのように12.0%〜18.0%(2007年7月現在)程度に低く抑えられているキャッシング会社も存在します。

そのため利用する際には、各社の比較・検討が重要になってきます。





キャッシングはどんな審査をするの?

キャッシングを申し込む際には、どんな審査をするのか気になるところです。
そこでキャッシング会社の一般的な審査方法を紹介したいと思います。

まず申込みがあった場合、キャッシング会社は本人確認を行います。
これは本人確認書類のチェック、電話による勤務先の在籍確認、自宅連絡先の確認などで、申込み時の記入内容に誤りがないかを審査するわけです。

次に信用情報機関への照会を行います。

これは申込者の他社借入件数や借入額、事故・延滞情報など、過去のキャッシング利用状況を信用情報機関で確認する作業です。もし過去に延滞があったり、現在多くの金融機関からお金を借りている場合は、審査でマイナスの評価となります。

また属性モデルの分類も行います。

これは過去の顧客データの中から、申込者によく似た属性モデルをピックアップし、その人の利用履歴を確認します。そしてそこから今回の申込者の人物像や行動を予測するのです。






キャッシングに必要な審査書類

キャッシングの最大の魅力は、手軽に利用できるという点です。

通常のキャッシングで借りることのできる金額は50万円以下と小口なので、本人確認ができる書類さえあれば申し込みをすることができるわけです。
審査に必要な本人確認書類とは、「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」などの写しが1点となっています。

銀行の一般的な融資とは異なり、担保も保証人も必要ありません。
キャッシング会社は申込者の信用に対して貸し付けを行ってくれるのです。

ただし、それ以外の書類を要求されるケースもあります。

例えば50万円以上の融資を受けたい場合には、給与明細書や源泉徴収票の写しなど収入が確認できる書類も審査で必要となることがあります。

また他社借入れ件数が多い人や返済能力が乏しいと判断された人は、担保や保証人を要求されることもあります。





キャッシングまでの流れ

キャッシングの申込みから融資を受けるまでの流れを簡単に紹介します。

キャッシングの申込みは、「店頭」「無人契約機」「インターネット」などの方法があり、手順は少しずつ異なります。
ここではインターネットを例に挙げて紹介します。

まずキャッシング会社のホームページには、申し込みフォームがあります。
そこで氏名や住所、職業、勤務先、年収などの情報を入力し、送信ボタンをクリックします。

キャッシング会社はその入力内容を基に審査を行います。
電話やメールで借入意思の確認、勤務先などへの在籍確認も行われます。

その後、電話やメールで審査結果が報告されます。

無事に審査に通過した場合は、融資額などの条件が連絡されます。問題がなければ契約となりますが、希望条件と異なる場合はこの時点で断ることも可能です。

融資条件に問題がなければ契約となり、後日、契約書類されてきます。

指定された書類を揃え、必要事項を記入して返送すると契約締結となり、融資が実行されます。
即日融資の場合は、先に融資が実行されて後から契約書類が送られてきます。





キャッシング審査基準

キャッシングの審査基準は各社が独自に定めており、会社によって異なります。

一般的な基準としては「安定した収入のある20歳以上の方」というのが前提となっており、職業や年齢、年収といった情報を基に審査が行われることになります。

例えば職業の場合、離職率の低い職業が審査では有利になります。
具体的には公務員やサラリーマンといった職業です。

逆に自営業者はやや分が悪いと言われています。またタクシー運転手や日雇い労働者、作家や芸能人など、離職率の高い職業や不安定な職業は不利な傾向があります。

また無職の人は返済能力がないと判断されるため、審査で確実に落とされます。

この他にも就業年数も審査基準では重視される要素になっています。
一般的には1年以上勤務していれば問題ありません。

しかし勤務期間が半年以下の場合は、融資を受けられないケースもあるようなので注意が必要です。





キャッシングの審査

キャッシングは誰でも利用できるものではありません。
キャッシングを利用するためには、各金融機関の審査にパスする必要があります。

キャッシングの審査は、申込時に記入する個人情報などで行われます。
つまりあなたの職業や年齢、住居種別、婚姻、他社利用額などから、あなたに融資できるか否か、また融資できるなら幾らぐらいの額かを審査するわけです。

審査では勤務形態や居住年数を含め、総合的に判断が行われます。

その中でも年齢や職業、電話(固定or携帯)、居住年数といった属性は特に重視される傾向があるようです。

ただ審査基準は各社によって異なるため、例えばA社の審査では落とされたが、B社ではパスするということも珍しくありません。また融資額にも差が生じることもあります。

そのため申し込み前には、各キャッシング会社をじっくり比較・検討する必要があります。





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。